財産が少ないので、遺言書は書かなくてもいいですか?

いいえ、遺言書は書いた方が賢明です。

財産の多い少ないにかかわらず、相続というものが発生すれば、相続人たちは、必ず大なり小なりの相続問題という厄介な事柄にさらされます。更に言えば、遺族間同士のトラブルで収まるとは限らないのが現状です。

大切なご家族を争族にさせないために、遺言書の作成をおすすめいたします。

遺言についてはこちら

お問合せ
オンライン法律相談