交通事故の相談に行きたいのですが、必要な書類はありますか?

交通事故相談を希望される方から、お尋ねされることの多い質問です。

これに対し、つい「事故に関係すると思われる書類は、全部お持ちください。」と回答してしまうのですが、考えてみると分かりにくいですよね・・・?

ただ、必要な書類や相談者の方がお持ちする書類は、

  1. 交通事故の加害者なのか被害者なのか
  2. お車など「物的損害」に関する相談なのか、お怪我などの「人的損害」に関するものなのか
  3. 相手方との交渉がどこまで進んでいるのか、あるいは既に裁判になっているのか

などの事情により異なります。

つまり、「ケース・バイ・ケース」なのです。

ですから、一概には言えないのですが、先ほどの言葉に続けて、「例えば〇〇(書面の名前)はお持ちでしょうか。」などとお尋ねして、お持ちの書類・ご持参頂きたい書類を確認するように努めています。

ちなみに、私どもが交通事故事件のご依頼をお受けしたときに確認する書面の種類について、例を挙げると次のとおりです。

事故の内容に関するもの

  • 交通事故証明書
  • 物件事故報告書 ※物件事故のみで、お怪我等がない場合
  • 実況見分調書その他刑事記録(人身事故、つまり事故の当事者がお怪我等されている場合)など

物損(車両損害)に関するもの

  • 車検証
  • 車両(の損傷を撮影した)画像
  • 修理費用見積書
  • 車両損害調査報告書(車両)確報(保険会社が対応している事案)
  • 車両査定書 ※全損扱いの場合
  • レッカー費用に関するし書類 ※自走不可の場合
  • 代車費用に関する書類(有償代車使用の場合)など

人損(お怪我等の場合)に関するもの

  • 診断書
  • 診療報酬明細書
  • カルテ・画像等 ※傷病等について精査する場合
  • 休業損害証明書・給与明細書 ※給与取得者の場合
  • 所得証明書申告書(直近1年以上)※事業者の場合
  • 後遺障害診断書 など
お問合せ