離婚

離婚や男女間のトラブルは法律で解決するかもしれません。

これから離婚をしようとお考えの方、あるいはパートナーから離婚を切り出された方、どのように話を進めていけばよいのか、お悩みではありませんか?

とにかく、冷静に。感情的にならず、落ち着いて対処することが重要です。
とにかく、冷静に。感情的にならず、落ち着いて対処することが重要です。

離婚の話になっているときに、冷静になってというのも難しい話かもしれませんが、離婚を急ぐあまり、いい加減な取り決めをしてしまうと、思わぬ事態になってしまう場合もあるのです。

  • 我が子に会えない
  • 子供と一緒に暮らせない
  • 生活が不安…生活費はどうなるの?
  • 慰謝料や養育費を支払ってもらえず泣き寝入り
  • 夫婦共有名義の土地や家は?
  • 自宅や車のローンは?
  • 年金はどうなるの?もらえない?

やっとの思いで離婚を成立させた後に、また揉め事にならないためにも離婚前に下記の事を決めておきましょう。

離婚をする前に決めておかなければならないこと

離婚をする前に決めて
おかなければならないこと

福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
財産分与

結婚中に夫婦で築き上げてきた財産をどのように分けるか、財産分与について考えなければいけません。借金やローンが残っている場合には、その負担を誰がするのかということも決める必要があります。

Close
福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
年金分割

夫婦のどちらか一方が(あるいは双方が)厚生年金に加入しておられる場合、その年金を分けるかどうか、どのような割合で分けるかについて決めなければいけません。

Close
福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
慰謝料

離婚の責任が夫婦のどちらか一方にある場合(責任がある人を「有責配偶者」と言います)、慰謝料の支払い義務が生じることがあります。その金額や支払い方法を決めましょう。

Close
福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
姓(苗字)

結婚の際に姓を変えられた方は、離婚の際に旧姓に戻すかどうか(復氏か婚氏続称か)を選択する必要があります。 原則は復氏ですが、3ヶ月以内に届出をすれば続称できます。また、一度決定すると後で変更することは難しいのでご注意ください。

Close

未成年のお子様がいらっしゃる場合は下記の内容も取り決めなくてはなりません。 

福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
親権

どちらが子どもを育てていくか、という大事な問題です。他の事柄は先送りにできますが、親権者だけは離婚の際に定めておかねばなりません。

Close
福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
養育費

親権者ではない親は、相手方に対して養育費を支払う必要がある場合があります。長期間の支払いになる場合もありますので、支払い金額や支払い期間を明確にしておきます。

Close
福岡県飯塚市や直方市で離婚や男女問題を弁護士に法律相談するなら鞍手郡小竹町こたけひまわり法律事務所
面会交流

お子さまと、親権者ではない親との間での面会についても決めなければなりません(面会交流)。月に何回くらい面会するのかということや、日程調整のしかたを決めていきます。

Close

これらは重要なことですので、しっかりと取り決めを行うことがお互いの今後の暮らしへの大切な一歩です。

取り決めと離婚成立の流れ

取り決めと離婚成立は夫婦間の話ですので、夫婦での話し合い(協議)で決まります。

しかし、どうしても2人では話し合いにならない場合、調停や審判・訴訟といった裁判所での手続きを利用することになります。

離婚調停裁判所の調停委員を間に入れた話し合い。当事者は交代で調停委員に意見を述べます。調停委員は双方の意見を聞き、法律的な権利関係も考慮しながら、合意に向けて話し合いを取り持っていきます。
yazitrushi
審判離婚調停で離婚は合意したが、親権や財産分与について合意ができなかった場合行われます。
離婚訴訟離婚調停にて、離婚に合意されなかった場合、離婚訴訟になります。
離婚調停
裁判所の調停委員を間に入れた話し合い。当事者は交代で調停委員に意見を述べます。調停委員は双方の意見を聞き、法律的な権利関係も考慮しながら、合意に向けて話し合いを取り持っていきます。
yazitrushi
審判
離婚調停で離婚は合意したが、親権や財産分与について合意ができなかった場合行われます。
離婚訴訟
離婚調停にて、離婚に合意されなかった場合、離婚訴訟になります。

審判・訴訟に関しては、調停よりも専門的になりますので、弁護士へのご依頼が必要になります。

調停からでもご不安な場合、お気軽にご相談ください。

夫婦の話合い(協議)で決める場合の注意点

決めた事を書面に残しましょう

夫婦の話し合いで離婚成立した場合、養育費や財産分与について決めた事を合意書や公正証書などの書面にて残しましょう。
もし、養育費の支払いが滞納した場合など、合意が守られない場合、裁判で証拠とすることができます。

財産分与は合意が成立すると申し立てができません

財産分与に関しては法的に有効な合意が成立すると、調停や裁判で改めて財産分与の申し立てをすることはできません。決断の際はくれぐれも慎重に。

夫婦の話合いで離婚を決める際は合意書など証明できる書面を残しましょう。

夫婦の話合いで離婚を決める際は合意書など証明できる書面を残しましょう。

決めた事を書面に残しましょう

夫婦の話し合いで離婚成立した場合、養育費や財産分与について決めた事を合意書や公正証書などの書面にて残しましょう。
もし、養育費の支払いが滞納した場合など、合意が守られない場合、裁判で証拠とすることができます。

財産分与は合意が成立すると申し立てができません

財産分与に関しては法的に有効な合意が成立すると、調停や裁判で改めて財産分与の申し立てをすることはできません。決断の際はくれぐれも慎重に。

離婚は ”終わり” ではありません。

離婚は「終わり」ではないと思っています。
むしろ、もっと、あなたらしく生きられる人生の再スタートなのです。

だからこそ、

 最善の道を、慎重に。 

 最善の道を、慎重に。

実際に離婚問題が持ち上がると、話し合いが思うように進まない場合がほとんどです。

精神的なショック、仕事やお金の問題、お子さんのこと、将来への不安など、様々な問題が露呈し、何が正しいのか、自分がどうしたいのかを判断することすら難しく感じるかもしれません。

でも、諦めるべきではありません。安易に妥協するべきでもありません。

なぜなら、離婚はパートナーやお子さんとの関係性を大きく揺るがしてしまう人生においても非常に重要な決断だからです。

 

当事務所では、様々なケースの離婚についてご依頼者の方と話し合い、最善の道を慎重に選んできました。

当事務所では、様々なケースの離婚についてご依頼者の方と話し合い、最善の道を慎重に選んできました。

「何について決めればいいかわからない」

「合意はできたけれども、この状態で良いのかわからない」

等々、不安なことばかりかと思います。
一人で悩みを抱え込まずに、弁護士に相談しませんか?

離婚に関するさまざまな問題の解決を、弁護士がお手伝いします。

あなただ人生を再出発する日に、前を向いて歩きだすために。全力でお手伝いします。

あなただ人生を再出発する日に、前を向いて歩きだすために。全力でお手伝いします。

  • 離婚調停
  • 離婚裁判
  • 慰謝料請求
  • 交渉代理
  • 合意書面作成

など、離婚や男女問題等でお悩みなら、当法律事務所へご相談ください。 

離婚についてのご相談フォームはこちら

お名前 必須 

フリガナ

住所


電話番号 必須 

メールアドレス 必須 

ご相談希望日

別居していますか?

お子様の有無

いる場合は、人数と年齢をご記入ください。

持ち家の有無

持ち家がある場合は、 所有者(名義人)はどなたですか?

ローンの有無

ローンがある場合、名義人はどなたですか?

争いになっている事柄

相手方の氏名 必須 

別居のきっかけ(簡単に)

離婚の原因(簡単に)

Please leave this field empty.

お問合せ
オンライン法律相談